Column

2024.02.05

マシンピラティスに向いている人と向いていない人の特徴

どんな人がマシンピラティスに
向いている?向いていない?

 

マシンピラティスに向いている人  

ヨガのようにマット上で行うマットピラティスは自重トレーニングのため、正しいフォームでトレーニングするためにはある程度の筋力や柔軟性が必要です。しかしマシンピラティスは、トレーニングに専用の器具を使うため、筋力や柔軟性が少ない人でも無理なく正しいフォームでトレーニングしやすいのが特長です。

性別や年齢を問わず、誰でもはじめやすいトレーニングと言えます。また、専用の器具を使うと負荷の調整もしやすいため、筋力や柔軟性がある程度ある人にとっては、より効果的なトレーニング方法と言えるでしょう。

姿勢改善を目指す人におすすめな理由  

ピラティスはもともと、リハビリを目的として作られたエクササイズです。深層筋を鍛えることで身体を支える力を高め、姿勢改善に効果があると言われています。

筋力や柔軟性が落ちていくと姿勢が悪くなり、姿勢が悪くなると身体のバランスが崩れやすくなり、腰痛や肩こりなどの悩みが生じることもあります。背骨や骨盤の歪みが気になる人、身体のバランスを整えたい人、自分自身の身体を変えたいという意欲がある人にオススメのトレーニング方法です。そのような人にとってピラティスは、身体を整えるための正しい姿勢の習慣づけに役立つでしょう。  

マシンピラティスに向いていない人  

ピラティスは、ゆっくりとした動きや呼吸を重視しながら深層筋を鍛えていきます。深層筋の筋力アップには継続的なトレーニングが必要なため、短期間で結果を求める人には向いていません。また、強度の高い運動やスポーツが好きな人は、ピラティスの動きやスローペースなトレーニングに物足りなさを感じることがあります。  

身体の怪我や痛みがある人は、身体のバランスを崩してしまっている場合もあるので、自己判断でトレーニングをするのではなく、専門家の指示を仰ぎながらトレーニングを行ったほうがいいでしょう。

マシンピラティスに向いている人と向いていない人の特徴  

マシンピラティスは、専用の器具を使って深層筋を鍛えることで、身体を支える力を高め、姿勢改善を目指すことができます。全身の筋肉がバランスよく鍛えられれば、基礎代謝が上がり、脂肪燃焼効果も期待できます。また、継続的にトレーニングすることで腹筋や大腿四頭筋などの筋力も鍛えられるため、シェイプアップ効果も期待できます。一方で、ゆっくりとした動きや呼吸を重視するトレーニングのため、短期間での結果を求める人には向いていません。

これらの特徴から、マシンピラティスに向いている人と向いていない人の特徴を考えてみましょう。

〈マシンピラティスに向いている人の特徴〉

  • 時間をかけて身体のバランスを整えたい人
  • 正しい姿勢を身につけたい人
  • 運動習慣をつくりたい人

 

〈マシンピラティスに向いていない人の特徴〉

  • スポーツのようにたくさん汗をかくのが好きな人(運動した実感を求める人)
  • 即効性を求める人
  • ピラティスの動きやスローペースなトレーニングに物足りなさを感じてしまう人

 

今回はマシンピラティスに向いている人と向いていない人の特徴をご紹介しました。マシンピラティスに向いていると思った方はこの機会に無料体験予約をしてみるのはいかがでしょうか?

WECLE(ウィークル)とは?

「着替え不要」「手ぶらで」30分でマシンピラティス
WECLE(ウィークル)では、ピラティスマシンとストレッチ専門店Dr.stretch(ドクターストレッチ)監修のオリジナルストレッチマシンを完備。 筋肉を「伸ばす」 と「使う」 を同時に行うことで、若々しく美しい姿勢、引き締まった理想的なボディ、そして健康的な運動習慣の実現をサポートします。
1回たった30分間でマシンを順番に使うだけの “サーキット型ピラティス” を導入。「予約不要」「着替え不要」「通い放題」で、ご自身のライフスタイルに合わせられるので、”続けやすく”” だから”効果も得られやすい”。セミパーソナル形式でいつでも気軽にトレーナーのサポートを受けられ、エクササイズのレベルも個人別に合わせることができるので、初めてマシンピラティスをやってみたい方や運動が苦手な方でもご人身のペースでマシンピラティスを安心して始めていただけます。